FC2ブログ

サカエ屋3番館 スタッフブログ

可児市広見にあるファッションプラザ『サカエ屋』のスタッフによるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウサビッチ マイヤーひざ掛け販売開始!

昨日ご案内した、ウサビッチのマイヤーひざ掛けをホームページ、可児市広見店、多治見市笠原店にて販売開始しました。

以前ご案内したフリースのひざ掛けは軽量コンパクトで持ち運びにも便利で暖かいのですが、こちらのマイヤーは毛布のようにふっくらした素材感で人気です。
随時おそろい柄のハーフケット、毛布もご紹介してまいります。

サカエ屋3番館へはこちら→http://www.sakaeya-3.com/
携帯からはこちら→→http://www.sakaeya-3.com/i/
スポンサーサイト
[ 2010/09/28 13:18 ] 店長 | TB(0) | CM(0)

完売御礼 ウサビッチ2種類3品完売しました。ありがとうございました。

本日、ウサビッチのがま口ポシェット、プーチンとキレネンコ、ともにペアでお買い上げありがとうございます。
おかげさまで完売いたしました。
また、同じくウサビッチの2段ランチボックスが完売いたしました。

代わりに本日ウサビッチのマイヤー毛布、ハーフケット、ひざ掛けが入荷しました。
準備でき次第、ホームページ、並びにブログでご案内いたします。お楽しみに!


サカエ屋3番館へはこちら→http://www.sakaeya-3.com/
携帯からはこちら→→http://www.sakaeya-3.com/i/
[ 2010/09/27 17:46 ] 店長 | TB(0) | CM(0)

ホームページ9月前半の人気ベスト5更新しました。

ホームページサカエ屋3番館の9月前半人気ベスト5を更新しました。

運動会関連の商品と、敬老の日プレゼント商品に人気が集中!
ほかには相変わらずウサビッチの商品が人気です。


サカエ屋3番館へはこちら→http://www.sakaeya-3.com/
携帯からはこちら→→http://www.sakaeya-3.com/i/
[ 2010/09/26 18:11 ] 店長 | TB(0) | CM(0)

すっかり間が空きました、長崎観光のラストです。


すっかり間が空いてしまいましたが、長崎観光の2日目
最近一般観光客の上陸が可能になった長崎湾の出口ほどにある軍艦島(端島)に行ってきました。
写真は第二見学所の正面にある、旧炭鉱の事務所跡です。
F1010011.jpg

大正から昭和にかけて作られた建造物で、30年程無人になると、自然の力でこれほどまで朽ち果てるのか、と思います。
中には心亡き人の落書きもあったり残念なところも見受けられましたが、ほんとに自然の力のすごさと、いまだにしっかりと残っている大正時代に立てられた鉄筋コンクリートの建て物があって、人間の技術力も感心させられました。
次にたずねたのは、雲仙の普賢岳です。
普賢岳の温泉場の写真です。
F1010018.jpg

真ん中あたり、ぼこぼこと熱湯が湧き出しているのがわかるでしょうか。
次に普賢岳を島原市内から眺めた写真です。
F1010020.jpg

逆光で全体のシルエットしかわかりません。
ちょうど20年前に大噴火を起こし多くのかたがたが犠牲になられました。

今回の旅は、消防団の同期メンバーで構成する会で出かけましたが、われわれ現役消防団を終えてすぐの出来事で、多くの消防団員が犠牲になられたことを、私事のように悲しんだのを思い出しました。
現場に行ってみると、改めて災害のひどさ、大きさを実感して帰ってきました。

当時可児は大きな災害もなく、気候も温暖で、本当にいい町だな。と実感していたのですが・・・

数年に1回の仲間との旅ですが、なかなか出かけることができない私にとって、とっても有意義な旅でありました。
[ 2010/09/24 19:33 ] 店長 | TB(0) | CM(0)

長崎観光パート3

長崎稲佐山からの夜景です。
F1010006.jpg
以前登った函館山の夜景は半島の形がくっきりと浮かび上がってきれいでしたが、こちらはとってもきらびやかで華やかな夜景です。
遠くには長崎湾を横断するながさき女神大橋です。
F1010008.jpg
ロープウエイで展望台まで上がる方法と車で上がることもできます。
天気にも恵まれ、さわやかな海風も吹き、とても気持ちの良い夜でした。
[ 2010/09/20 18:01 ] 店長 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。