FC2ブログ

サカエ屋3番館 スタッフブログ

可児市広見にあるファッションプラザ『サカエ屋』のスタッフによるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

接触冷感値日本一の敷きパッド 使用報告 その1

早速3Dローズアイス敷きパッドの使用報告をします。

私の部屋は29℃にエアコンを設定し、温度を下げると言うよりは除湿をしています。湿度約75%前後(デジタル温度計で計測)で、午前2時までタイマーで可動。

夜11時から12時の間に床につきますが、
たしかにこの敷きパッドはひんやり快適です。長時間同じ場所に留まると、その場所自体は暖かくなりますが、体の触れてない場所を触ると、最初に感じたひんやり感があり、5月末より使用を始めていままで、暖かくなってくるのを感じる前に寝付いています。寝相は元々良くないのできっと寝返りはよくしているのでしょうが、今朝まで暑くて目が覚めたことは1回だけ、逆に寒くて何度か目を覚ましました。

ジェルの敷きパッドが一時期はやりました。また冷却するタイプもありましたが、朝目覚めた場所から体をちょっとずらすと、またひんやりします。パッドそのものが冷えているのではなく、この繊維が体の熱を広く拡散する能力に優れているのでしょう。

接触冷感値の計測方法は、調べると何通りもあるようで、メーカーそれぞれが独自の方法で発表していたりするそうです。でも接触冷感と表示されているから冷たく感じるのではなく、一般的にq-maxの方法で計測した数値が0.2以上を示した商品が接触冷感とうたっているようです。触った瞬間の熱伝導率ですので長時間涼しいと言うわけではありません。触った瞬間からしばらくその冷感を持続させたり、吸汗性を高めたり、生地から外へ体の熱を逃がす工夫を各メーカーがしのぎを削っているわけです。

結局、数百円から数万円まである接触冷感敷きパッドもそれなりの理由があるということです。
価格に対する価値観はそれぞれですし、暑さ、寒さの感じ方も人それぞれです。
私自身この敷きパッドの定価29,400円が適正かどうかと聞かれれば、同価格の羽毛布団の価値観と同じだと思います。

つづく

サカエ屋3番館へはこちら→http://www.sakaeya-3.com/
携帯からはこちら→→http://www.sakaeya-3.com/i/
[ 2012/07/25 17:38 ] 店長 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。